2年前から始めて、お蔭さまで今でも続けることが出来ているランニング。

ランニングを初めて以降、服装についてはランニングの師匠や知人に色々とレクチャーを受けてきましたが、備忘録的に絶対に揃えたほうが良いものをまとめてみました。

これからランニングを始める初心者の方はぜひ参考にして頂ければ幸いです!

ランニングはインナーにはこだわるべし

趣味程度に走る位なので、そんなに高いものを揃える必要はないというのが私の基本的な考えですが、インナーだけは少し良いものを購入しています。

なぜなら、「走った後の疲労が全然違うから。」なんですね。

私たちファンランナーは、アスリートと違って本業に仕事を抱えています。

趣味として続ける上で一番大事なのは身体を壊さないことなんですね。

少し楽しくなってくると調子に乗って走ってしまい、知らず知らずの内に疲労を蓄積させてしまって、ある日突然疲れがどっと来てしまっては大変です。

そのため、インナーはアンダーアーマーのコンプレッションウェアを来ています。

私は1日~2日置きに走るので、上下2着ずつあれば十分な感じですね。

また夏用と冬用がありますが、上に着るシャツやパンツで調整しているので、年中夏用を使っています^^

頭からの日光は絶対にブロックすべし

次はリアルな失敗事例だったんですが、私がランニング(正確には当時はウォーキング)を初めた時は真夏。

照り指す太陽のもと、何も被らずに30分近く走っていたんですね。

一週間くらいたった頃に、あえなく軽い熱中症になり、しばらく走れなかった事を覚えています。

それで絶対に必要だと思ったのはこれ。

正直、あまり帽子を被り慣れていない私は抵抗があったので、意固地になって被らなかったという理由もあったんですが、購入して180度考えが変わりました。

夏の熱中症対策だけでなく、今や一年中さらされている紫外線に頭はさらされているわけでもありますので、それらから身を守るためにもランニングキャップは絶対に必需品です。

ズレない邪魔にならないポーチを身につけるべし!

最後は服装とはちょっと異なりますが、走る時に私はこちらの記事でも紹介したアプリを使っています。

そのため、スマホを持って走らなければいけない関係上、ポーチが必要なんですね。

といっても、あんまりかさばるのも嫌だし、ベルトを調整せずともサッとつけて走りにいける物が便利なんですね。

それで試したのがこちら。

伸びる素材のランニングポーチで2つ入れるスペースがありますが、片一方にはiPhone6が余裕で入ります。

もう一方には、小銭を入れたり、少し遠くのクラウンドを走る時は免許証だけを忍ばせたりしています。

特にこのポーチの良い所は、ズレないことですね。

走ることに集中するためにもポーチ選びは結構重要ですよ。

ランニングポーチ選びについては、こちらの記事で詳しくまとめました。

ランニング ウエストポーチ おすすめ


今回紹介したものは、男性、女性関わらず揃えておくと便利なアイテムだと思います。

ぜひランニング時の服装も「長く続けるために」というテーマで考えてみてくださいね^^