これまで見てみぬ振りをしてましたが、ようやく格安SIMに乗り換えをしようと気合を入れているマッシーです。

本当に知らないことばかりなので、基礎の基礎から、まずは格安SIMとは何?という所から調べた所をまとめていきたいと思います。

同じような状況の方に少しでもお役に立てればと思い、ガンガンシェアしていきますのでよろしくお願いします!

格安SIMとは一体何という所から調べてみた

まず、格安SIMとは私が使っているソフトバンクのiPhoneとは何が違うのでしょうか。

日本にはドコモ、AU、ソフトバンクの3つの電気通信サービスがあって、これらは「音声や電話を運ぶ」という意味合いからキャリアと呼ばれ、この3大キャリアが独占状態でした。

その市場をさらに活性化させるために、これまで独占状態だった回線をかしだす形になって誕生したのが、今回の話のメインである「格安SIM」です。

じゃあ、SIMって何?

では次にSIMって何ぞやって話になりますが、私たちのスマートフォンには1台ずつ、このようなSIMカードと呼ばれる加入者情報やIDなどが記録されたカードがささっています。

これまでは同じiPhoneでも、キャリアが違ってしまうとSIMカードをさしても使うことはできませんでした。

これが「SIMロック」と言われるやつです。

SIMフリーから格安SIMの急成長がはじまった

しかし、それでは簡単にキャリア間の乗り換えが出来ない事が問題視されて、どのキャリアでもロックを解除すれば使えるようにした事を

「SIMフリー」や「SIMロックフリー」

なんて言葉で言われるようになりました。

格安SIMの登場はその後で、キャリアの回線が開放された事で、

MVNOという3大キャリア以外の新事業者がキャリアの回線を借りる事によって、独自のSIMを提供することができるようになりました。

ワンポイント!

MNOという3大キャリアと区別して格安SIMを提供している事業者をMVNOと読んでいます。

※MVNO:Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)の略

※MNO:Mobile Network Operator(移動体通信業者)の略

このMVNOは実店舗を持たずに運営ができ、人件費などもかからない事から、

3大キャリアよりも安い通信料が売りとなった事から「格安SIM」という言葉が誕生したというわけです。

今では実店舗を持つ事業者も出てきたり、当初とは業態もどんどん変わってきていますが、

「3大キャリアよりも安い」という所が決定的な違いであり、最大の強みというわけなんですね。

以上が「格安SIMとは何か」についての解説でした。

この時点でお腹いっぱいですが、ボンヤリとした全体像は見えてきました^^;

格安SIMについてはシリーズで1つずつ掘り下げていきますので、お楽しみに!