今使っているソフトバンクのiPhone6。

3年2ヵ月が経過していますが、ここ最近バッテリーの消耗が異常に早くなってきました。

そこで、今回はiPhoneのバッテリーの寿命について調べてみました。

iPhoneのバッテリー寿命は何年?

iPhoneのバッテリーの寿命ですが、調べてみたところ平均すると約3年という事がわかりました。

マッシーは正に該当するわけですが、これももちろん使用頻度や用途によって様々です。

では、実際に自分のiPhoneがどのくらいバッテリーがダメになっているのか調べる方法はないか。

と思ったら、こんな便利なアプリがありました(・∀・)

◆バッテリーケア(Battery Care)

バッテリーケア(Battery Care)
ユーティリティ, ライフスタイル無料iOSユニバーサル
Screenshots

まあ、至ってシンプルなバッテリー残量を調べてくれるだけのアプリですが、早速インストールして調べて見たところ。

72%!(後日調べた時は66%)

これがどのくらいバッテリーとして機能していないかについて、iPhoneの公式サイトでバッテリー交換の条件を確認してみました。

保証期間内であればアップルでバッテリーは交換できる!?

アップルの公式サポートで、以下の条件付きでバッテリーの交換をしてもらうことができます。

  • AppleCare+ に加入していること(保証期間内であること)
  • バッテリーの蓄電容量が80%未満であること
  • バッテリーの欠陥であること

思わずクリアしてるじゃん!と思ってしまいましたが、調べてみると見事に保証期間は終了していました。

そりゃ3年も経てばしょうがないか^^;

というか、バッテリーもう寿命の域に達している事がわかりました。

そもそも、「バッテリーの欠陥」が条件として入っているので、単に今回のように劣化が原因の場合は、保証は効かないでしょうね。

まとめ

ちなみに、保証対象外の場合は、修理サービスとしてバッテリー交換は8,800円かかるようです。

ちと・・・高いですね。

自己責任にはなりますが、自分で互換性のあるバッテリーを購入して交換すれば、これくらいの値段ですみます。
↓↓↓
iPhone6 高品質 専用互換バッテリー 交換用 取り付け工具セット付

あと1年、2年縛り解除まで自分でバッテリー交換をしてしのぐかとも一瞬考えました。。。

でも、どう考えてもメリットが薄いので、解約金がかかっても、格安SIMにやっぱり乗り換えをしようと思ってるマッシーでした。