目下、着々と格安SIMへの乗り換えに向けて歩を進めているマッシーです。

色々検討している内に、外でノートPCも使うんだったら、モバイルルーターを持ってWi-Fi接続で格安SIMも使えばどうかと思いました。

ただ、モバイルルーターを調べていくとポケットWiFiとWiMAX(ワイマックス)って言う言葉を両方目にしたため、思わず「?」となってしまいました。

そこで今回は両者の違いを調べた結果をお伝えしたいと思います。

ポケットWi-FiとWiMAXの違いとは

いきなり結論を出してすっきりしたいと思いますが、実はポケットWi-FiとWiMAXはモバイルルーターという括りでは全く同じという事。

つまり、サービスを提供している運営会社の違いなだけということ。

・ポケットWi-Fi:ワイモバイル社

・WiMAX:UQコミュニケーションズ社

ということで、どちらも持ち運びが可能なモバイルルーターというわけです。

まず、これでマッシーの頭の中は大分スッキリしました(笑)

ポケットWi-FiとWiMAXのサービスの違いは?

同じモバイルルーターであるポケットWi-FiとWiMAX。

では、サービス面ではどういった違いがあるのか。

モバイルルーターを使うにあたって重要な速度と対応しているエリアによって比較してみるとこうなります。

【4G LTEでのポケットWi-FiとWiMAXの比較】

●ポケットWi-Fi

速度:下り最大112.5Mbps
エリア:ワイモバイル エリア表


●WiMAX

速度:下り最大220Mbps
エリア:UQモバイル エリア表

一番低速度のスペックで比較しましたが、使用する最大600Mbps~700Mbpsという高速通信もできるようです。

ただし、これらは東京都や大阪といった主要都市の一部のエリアだけに限られているという事ですので、正直言って当てにならないのが現状のようです^^;

なので、単純に一般的な通信速度である4G LTEエリアで比較すれば、ほぼ両者とも変わらないと考えていいですね。

逆に高速回線が使える地域に住んでいる方には、WiMAXの方がエリア的には広いという感じです。

まとめ

今回、ポケットWi-FiとWiMAXを比較していく内に、モバイルルーターという選択肢が果たして必要なのか疑問に思いはじめてしまいました^^;

というのも、4G LTE接続に限って考えれば、格安SIMのデザリングでもいいわけですものね。

ネット閲覧程度でノートPCを外で使用するんであれば、格安SIMのデータ容量を高くした方がモバイルルーターを持つよりも価格が安くて良いのかも。

次回はデザリングについてもう少し勉強してみたいと思います!