最近テレビや雑誌でとにかく話題になっているのがビットコイン。

いい加減、ビットコインとは何?という次元から卒業しなきゃいけないと思ったマッシー。

この機会にビットコインについて学ぶことにしました。

ビットコインとは?

ビットコインという名前からするに、お金だということはわかったマッシーですが、調べていくと、

暗号通貨
デジタル通貨
未来型通貨

など、様々な呼ばれ方がされている事がわかりました。

で、「ビットコイン」といのも2017年の8月に「ビットコイン」と「ビットコインキャッシュ」の2つの分裂したとか。

ここまでで、「???」ばかり頭に浮かんでしまったわけですが、要するにビットコインというのは、このシステムの基本となっているものだということ。

通貨のカテゴリー的には仮想通貨に分類されるって事みたいですね。

仮想通貨とは

じゃあその仮想通貨って普通のお金(通貨)と何が違うのって疑問が出てくるわけですが、一般的な通貨と呼ばれるものは、国家によって価値が保証されてますよね。

例えば、

日本だったら円
アメリカだったらドル
EU(欧州連合)だったらユーロ

といったように、国家又は連合国によってそれぞれ通貨があって、この価値によって経済状況の指標になったりします。

海外旅行なんかで、1万円をドルに変えたら日本円で9000円台になっちゃった(泣)

っていうのが典型で、国によって通貨の価値が変わるって事ですね。

仮想通貨は、このしがらみが全く存在せず、誰がどこで買っても同じ価値という特徴があるわけです。

つまり、経済状況が悪くなればなるほど価値が変わらない仮想通貨は評価され、今回のビットコインも、あの2009年のリーマンショックの時に生まれた仮想通貨だったんですね。

まとめ

とりあえずビットコイン=仮想通貨であることまでは理解できたマッシー。

ただ、何がそんなに話題となっているのかが良くわかっていないので、次回はビットコインのメリットについて考えてみたいと思います。