突如として腰の右側に今まで感じたことのない痛みを感じたマッシー。

診断の結果、帯状疱疹であることがわかりました。

正に治療真っ只中のホットでリアルな帯状疱疹の痛みについて力説します。

帯状疱疹の痛みの特徴

帯状疱疹が出る場所は様々のようでマッシーのように腰回りより下、いわゆる下半身に出来るのが70%~80%だそうです。

痛みの特徴は、ずばり神経痛。

表面に神経がせり出しているんじゃないかと思うくらい、服が擦れるだけでピリピリとした痛みが走ります。

これはこれで辛いんですが、もう1つ皮膚の中に定期的に走る鈍痛。

私の場合、右の腰回りだったので一瞬、急性虫垂炎(盲腸)も疑いましたが、ガスも便も出てたので何だか違うと。

どう表現していいか悩みますが、神経を寄生虫に噛みつかれたイメージと言えばわかりやすいでしょうか。

実際に経験はないですが、アニサキスに胃壁を噛まれるとこんな痛みなのだろうかという感じがしています。(アニサキスは噛んだ事による痛みではないですが)

痛みが続く期間はいつまで?

この何とも言い難く、経験したことのない痛みですが、一体いつまで続くのか医師に尋ねて見たところ、

一般的には2週間程度。

ひどい場合は3週間ほど続くのだそうです。

私の場合、奇跡的に発疹が出る前に気づいてすぐに受診したため、ひどくならないのではないか、という見解でした。(ただし、発疹が出てなかったため発疹が出てから薬は処方されました)

帯状疱疹は発疹が出てから3日以内に抗ウイルス薬を飲むのが最大のポイントですが、発疹自体が皮膚炎と見分けがつきにくいため、帯状疱疹だと気づかずに、悪化させてしまう例が圧倒的に多いのだそう。

ピリピリとした痛み+発疹

このコンボが出たら帯状疱疹と疑えと、今回リアルにマッシー自身が感じた次第です。

まとめ

何が辛いって、どの体勢でも腰回りなので何かに触れてしまうわけで、特に寝る時が一番しんどいですね。

この記事を書いている正に今日、薬が処方されて痛み止めももらったので、これで少しはぐっすり眠れるだろうか。。。

ストレスや過労が原因でなるようなので、ぜひ皆様もお気をつけくださいませ。