今日走っていたら、突然に膝の関節に痛みがはしったマッシーです。

この寒くなる時期に、関節痛が起こることが多いんですが、原因って一体何なのだろうかと思ったので調べてみました。

関節痛の原因って一体何?

関節といっても、マッシーのように膝以外にも、肘や腰、肩など、色々な箇所がありますよね。

それもそのはず、人間には200本以上も骨があるらしく、その骨と骨がつながる部分は全て関節になります。

そのため、指関節痛に悩まされる方だって少なくありません。

この関節痛の原因も病気の要素と環境の要素の2種類に分けられるようです。

病気が原因となる関節痛

・化膿性関節炎
・痛風
・リウマチ
・足関節滑液包炎
・骨肉腫

生活環境が原因となる要素

・加齢による変形性関節症
・体重増加による膝や腰への負担
・運動不足
・急な運動による関節への負担
・内股(o脚やx脚)

種類別に主にこのような所が原因となっていることが多いようですね。

関節痛の治し方はどうすればいい?

原因は大分わかってきましたが、病気の場合の関節痛は発熱(風邪のような)を伴う痛みだったり、異常な腫れ、関節痛以外の不調を伴うケースが多いようです。

なので、関節痛+αの症状があった場合には、まずは病院へ受診することが何よりの治療法となりますね。

対して、加齢や生活環境的な関節痛は、痛みが続くというよりも、マッシーのように走って負荷がかかった時など、何かしら関節に負担がかかった際に断続的な痛みを伴うのが特徴です。

なので、一朝一夕に治るものではなく、生活習慣を見直してみたり、負荷をかけないよう気をつけるのは当然なのですが、一度すり減った軟骨って自然に元通りにならないのだそう(汗)

そのため、軟骨の再生を促すコンドロイチンを補いながら、痛みを緩和する、こういった薬を上手に使って、治すのが効果的だとか。

【[第3類医薬品]リョウシンJV錠】

1ヵ月飲んでみて改善されないようなら、他の病気の可能性があると思って、試してみるのもいいかなと思いました。

まとめ

マッシーのように寒い中でいきなり走ったりすると、やっぱり膝や腰への負担って自分が思っている以上に大きいんですね。

そして、痛みを騙し騙ししていくと、ちょっとずつ軟骨がすり減っていって、我慢できない痛みをいつ発症してもおかしくないことがわかりました。

関節痛の原因が今回見えてきたので、早めの対処をしていきたいと思います。