最近寒いからか、どうも寝付きが悪く、朝の目覚めも悪いマッシーです。

この熟睡できない原因ってなんだろうと考えてたら、余計に眠れなくなってしまったので、きちんと調べてみました。

生活習慣による熟睡できない原因

まず熟睡ができない原因として最も考えられるのが生活習慣。

チェック項目としては、

  • 1日3食きちんと食べているか
  • アルコールの過剰摂取はしてないか
  • タバコを吸っているか
  • コーヒーや緑茶など、カフェインが入っているものを夜に摂ってないか
  • 寝る直前までパソコンやスマホの画面を見ていないか
  • 仕事や家庭の悩みなどの強いストレスを抱えていないか

大体こんなところが原因となってくるようです。

マッシーはどうだろうかと言えば、ここの所、嫁の祖父が亡くなった事で色んな客人と飲み会になるケースが多いこと。

それに加えて職業がらパソコンと終日ニラメッコしている状況の2つが不眠がちとなっている原因のようです。

睡眠環境による熟睡できない原因

生活習慣と共に、寝る環境というものも睡眠にとっては重要です。

具体的には、

  • 部屋の温度が高すぎるor低すぎる
  • 柔らかくて身体がしずむベッドで寝ている
  • 枕の硬さ、高さが適当ではない
  • 照明が明るすぎる
  • 周囲の騒音がうるさい

など、寝るための環境が悪いために良質な睡眠を阻害しているケースもあります。

マッシーも最近、長年使っているテンピュール枕のへたりが具合が気になってきたので、新しいのに変えようかなと思っていた所でした。

と思ってみたら、最近は敷布団も低反発であるんですね(知らなかったの私だけでしょうけどw)
↓↓↓

TEMPUR (テンピュール)敷き布団 低反発

寝具をリフレッシュさせるのも、気分の切り替えにもなるので良いなと思いました。

まとめ

熟睡できないと、本当に日中が辛いですよね。

それで昼寝や休みの日に寝だめをしようとすると、さらに悪循環になるし。

リズムが一度崩れると修正に時間はかかりますが、ちょっと辛くてもまずは原因を1つ1つ炙り出して解決策を見つけていこうと思ってます。