パソコンが壊れたのはこれで3回目のマッシーです。

パソコンが故障する原因は様々ですが、今回は何かしらのハードウェアに支障をきたして、最後にはピープー音がなりやまない事態になってしまいました(泣)

このままパソコンリサイクルで廃棄しようかと思ったものの、HDDは生きていて、色々と大事なデータが入っていたため、なんとなく不安だったんです。

その事を知人に相談したら、「壊れたパソコンのHDDを外付けとして再利用するといいよ。」と言われて、おお、なるほどと思い、やってみたら簡単だったのでシェアしたいと思います。

外付けHDDケースの準備

まずは壊れたパソコンから取り出したHDDを新しいパソコンに外付けHDDとして利用するためのケースを準備。

私が買ったのは、こちらです。

現在はちょっとデザインが変わっているようですが、USB3.0対応で最大12TBまでのハードディスクまでOKです。

ちなみに私のパソコンに搭載されていたHDDは1TBだから全然余裕でした。

中身はこのようになっています。

個人的にはパソコンのネジ穴に合うドライバーがなかったので、付属されていたのが嬉しかったです。

壊れたパソコンからHDDを取り出す

外付けカバーの準備ができたら、壊れたパソコンから取り出します。

お使いのパソコンによって違いますが、私が使用していたFRONTIERのデスクトップの場合、カバーを外すとこんな風になっています。(安かったですが、結構活躍してくれたPCです)

この右下にある部分がHDDになります。

付属のドライバーを使って、四隅のネジを外せばHDDだけを取り出すことができました。

取り出したHDDを外付けカバーに挿入

最後に取り出したHDDを購入した外付けカバーに挿入すれば完了です。

外付けカバーの蓋を外します。

壊れたパソコンから取り出したHDDを挿入。

これで外付けHDDの完成です。

まとめ

知っている人にとっては何でもない作業なんですが、始めてだった私は、「おお、これで外付けHDDができちゃうんだ!」と思うほど簡単でした。

だって、普通に外付けHDD購入したら1TBでも7000円~8000円しますものね。

それがたった3000円弱で出来るんですから、パソコンが壊れたショックに打ちひしがれるだけじゃなくて、今回の経験を通じて再利用を考えるのは大切だと思ったマッシーでした。